着物買取サイト
おすすめランキング

着物買取 悩み・不安

汚れ、傷みが激しい着物でも買い取ってくれるの?

着物の需要が高い現在、どんな状況の着物でも売れる!

着物を売りたいけど、汚れや傷みが激しいと売れないんじゃないかな・・・?と思ってしまいますよね。

汚れや傷みがある
色が褪せている
生地がシルクではない
デザインが古いので流行に合わない

などがあると、査定に出す前に売るのを諦め、捨ててしまおうかと思いがちです。

以前までですと、着物買取業者の中にはあまりに汚れていたり傷みがひどい場合だと買い取りが不可と判断する買取業者もあったようです。

ですが、今は大体の着物は売ることができるです。それは、着物の需要が高まっていることがあるからです。

着物をリメイクして着たり、着物の生地でバックやポーチなどにリメイクしたり、さまざまな方法で活用する事ができるんですね。また、着物は外国人観光客からも注目されています。

昔のデザインだったり、派手なのではと思っても、好んで選ぶという人も少なくないそうです。

これは売れないかも・・・と思う着物でも、まずは1度試しに査定に出してみるのがオススメです。

高額査定は期待できないとしても、捨てて0円よりは売って現金を手に入れる方が良いですよね。

査定が低くなってしまう着物の特徴

査定額が低くなる着物は、どんなことが理由になるのでしょうか。

シワや汚れがある

着物はデリケートな素材でできていることや、1度着用しただけでクリーニングなどには出さないことが多いことから、着用するたびに汚れやシワがどうしてもできてしまいます。

どんなに気をつかって注意していても、必ず付いてしまうものなんですよね。

そのことを知っていて、着物のお手入れやメンテナンスをするのとしないのでは、着物を長年着ることができるかということや、買い取りに出したときに差が出来てしまいます。

着物の買取り価格には、たくさんの要因が重なって出されます。

シワや汚れが少しついているだけなら許容範囲とみなされるかもしれませんが、価値を下げてしまうくらいのシミや強くついているシワなどには気を付けましょう。

証紙などがない

証紙は、着物の産地や作家名などが書かれた着物の保証書になります。

この証紙は、着物の価値を証明するものになりますのでできるだけ着物の買取りには付属させたい物になります。

もしも証紙がないと、極端に査定額を下げられることもあります。

高額買取を期待できる着物

高額査定になりやすい着物は、状態が良い着物が多いです。

着物の査定では、最初に状態を見るそうです。

査定が高額になる条件とは、
・着物の状態が良い
・保存状態が良い(ニオイやカビが付いていない)
・丈が短すぎない
・シワがない
・証紙や購入時の付属品(保証書、生地の端、たとう紙など)

この条件が揃っていると、査定時にプラスとなり買取価格が高くなることが期待できます。

また、高額査定額になりやすい人気作家や人間国宝などの着物を覚えておくと、安い金額で買いたたかれても断れるので覚えておくと良いでしょう。